OMOTEOコラム

オヤジ肌の3大原因、「こすりすぎ」「すすぎ不足」「保湿不足」

Shower

肌のキメが荒くなり、くすんだ印象を与えるようになると、若い女性たちの間で「あの人、オヤジ肌だよね」と言われているらしい。
 さて、この「オヤジ肌」になってしまうのには、「こすりすぎ」「すすぎ不足」「保湿不足」の3大原因がある、と美肌美女はいう。
「まず、『こすりすぎ』ですが男性を見ていると『よく、顔をこすっているなあ』って感じます。おしぼりで顔を拭くのもそうだけど、会話中に頬をさすったり、汗を拭くときにハンカチでこすったり。女性はメイクをしているから、あんなに顔に触れないので、見ていてとっても気になります」
 仕事中に眠気覚ましに顔をさすったり、確かにするかも!
「肌を力強くこするとキメが荒くなるので、極力、やめたほうがいいのだけど。クセになっちゃってる人もいるのでしょうね」
 はい。完全にクセになっています! おしぼりで顔を拭くと気持ちいいし。
「それはなんとなく分かるけれど、若い女の子は『いいな~。あたしもそれやりたーい』とか口で言ってても、内心では『オヤジだな』って思ってるので。お肌のためにも、やめたほうがいいですよ」
 ご助言、ありがとうございます。

顔はもちろん、全身で気を付けたい「すすぎ不足」

 美肌美女いわく、「顔はもちろん、シャンプーやボディーソープのすすぎが足りないために、ニオイや肌トラブルが起きているケースが多い」のだそう。
「シャンプーのすすぎが不十分な人は男女問わず、多いのではないかと思います。『泡が消えたらOK』ではなくて、泡が消えた後も1~2分、すすいだほうがいいんですよ。洗浄成分が肌や頭皮に残っていて、それが皮脂と混ざってニオイになることも少なくないし」
 頭、顔、体を洗う順番も大切だ。
「頭を洗ってから体、お顔は最後に洗うのがいいですね。シャンプーが最後、って方も多いみたいだけど、洗浄成分が体や顔に残りやすくなるんです。それが皮膚の常在菌のエサになって繁殖しすぎてしまい、バランスが崩れて、湿疹やかゆみの原因になることもあるんです」
 なんとなくカユイ、というレベルだと病院にもいかず、でも、頻繁にかいたり、こすったりしてしまうので結果的にオヤジ肌が進行するらしい。
「虫刺されやアセモ、じんましんに心当たりがない。でも、カユイのならすすぎ不足の可能性も考えてみるとよいかもしれないですよ」

肌のうるおい成分の減少と「保湿不足」

 若い頃、保湿などしなくても平気だった。しかし、どうして今や保湿が必要なのだろうか。
「お肌のうるおい成分は男女を問わず、加齢とともに減少するからです。あかちゃんのお肌は何もしなくてもプルプルですよね?」
 僕も赤ちゃんのころはプルプルだったんだよ。
「私もです。でも、30歳を過ぎるころから、お肌のうるおい成分は徐々に減少していきます。そこに、『こすりすぎ』や『すすぎ不足』という要素も加われば、オヤジ肌まっしぐら! なのですよ。だから、スキンケアによる保湿が大切になるのです!」
 なるほど! 減少する成分を補うというわけですね!
「その通りです! 保湿とUVケアをしっかりすることで、しわやシミ、たるみといったダメージのケアにもつながります。さらに、よいお知らせとしては、スキンケアを始めたら何歳からでもリカバーできるということです!」
 それは、ありがたい! 
「今までほとんどスキンケアをしたことがない男性のほうが、女性よりも変化を感じやすいかも。2週間後ぐらいには『なんか、違うぞ』ってなるはずですよ。なので、まあ、ここは騙されたと思って、お肌のお手入れを続けてみてくださいね」

乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜