OMOTEOコラム

オトナの男の「モテ仕草」10選

Sharp dressed fashionist wearing jacket and bow tie

 
今回のコラムでは、女性が思わずグッとくる「男のモテ仕草」をご紹介します。
オトナの男が行うからこそ、その効果を発揮する仕草の数々。ぜひチェックしてみてください。
 
 
 
 
■モテ仕草その1:「フィンガー・オン・ザ・グラス」
 
20代・30代の女性から「オトナっぽくてグッとくる」という声が多かったのがこちら。
要するにロックグラスを手に持った状態で、身振り手振りを交えて話す仕草のことですね。
ロックグラスの表面に舞う指がセクシーでグッとくるのだそうです。
大生ジョッキなどでやっても効果はありません。ロックグラスでないとセクシーさが醸されないので要注意。
モテ仕草「フィンガー・オン・ザ・グラス」、ぜひ飲み会などで活用してみてください。
 
 
 
■モテ仕草その2:「ネクタイ絞り」
 
こちらはオフィスで活用できるモテ仕草です。「ミーティング始めるぞ!」「これから大事なプレゼンだ!」
というようなタイミングで、おもむろにネクタイをギュっと絞め上げる。
オトナの男たちが「戦闘態勢に入っていく」様子にグッとくるのだそうです。
女性社員の目がある場所で行うのがベターですが、あくまでも自然に、わざとらしくならないように。
 
 
 
■モテ仕草その3:「ネクタイリリース&アンボタン」
 
ネクタイをギュっと締めるモテ仕草もあれば、その逆もまたしかり。
ひと仕事終えた後にネクタイをゆるめる仕草も、女性たちから一定の評価を得ています。
しかしここで注意して欲しいのは、このモテ仕草は「片手で流れるように行う」のが鉄則であるということ。
シュルリとネクタイをゆるめたら、その手の動きを止めずにYシャツの第一ボタンを外す(アンボタンする)のです。
そして「ふう」と一息つく。この流麗な手の動きと「戦いを終えた戦士」感にグッときて、
思わず「おつかれさま」と駆け寄りたくなるのだとか…。
 
 
 
■モテ仕草その4:「はにかみスマイル」
 
ワッハッハ!と豪快に笑うことだけが、男の魅力ではありません。
オトナの男性がふいに見せる、すこし照れながら・はにかみながらの、やや遠慮がちなスマイル。
「この笑顔がいちばんグッとくる」との声が多数ありました。
大のオトナが少年のようにはにかむ。そのギャップを活かしたモテ仕草です。
しかしながら多用は禁物。あまりに連発すると「おっさんがなにカワイコぶってんだ」と逆効果。
ここいちばんで使用すべきモテ仕草です。
 
 
 
■モテ仕草その5:「つかれ目ほぐし」
 
こちらは実にカンタンなモテ仕草。オフィスのデスクで、バーカウンターで、どこでも行えます。
仕事の疲れ(=戦いの疲れ)を癒すように、指でかるく目頭を揉むだけ。この仕草にもグッとくるとのことです。
やはりこれも「戦いを終えた戦士」感、指のセクシーさなどがポイントでしょう。
しかしあまり顔をベタベタと触りすぎると肌荒れの原因にもなるので注意してください。
 
 
 
■モテ仕草その6:「ワイルド・ロールアップ」
 
ジャケットを脱ぎ、Yシャツの袖をグイッ!とたくしあげる。普段は見えていなかった
逞しい二の腕があらわになるその瞬間、多くの女性たちがグッとくるのだそうです。
「あのひと意外と細マッチョなんだ」とか、「血管がセクシー…」とか、「ぷにぷにでやわらかそう〜」などなど、
どんなタイプの腕でも好評価が得られる万能モテ仕草と言えるでしょう。
 
 
 
■モテ仕草その7:「腕グイ」
 
オトナの男が使うなら、「壁ドン」よりも断然「腕グイ」。そのモテ効果においても、
壁ドンをはるかに凌ぐとさえ言われています。
たとえば道路を歩いている時などに、「あ、あぶない。後ろからクルマ来たよ」と、
さりげなく女性の腕をグイと歩道側に引っ張るというモテ仕草、それが「腕グイ」です。
このモテ仕草の良いところは、スマートかつ紳士的であること。
さらに別にクルマが来ていなくても、勘違いしたフリして使えるといった利点があります。
 
 
 
■モテ仕草その8:「ねじポケ」
 
こちらのモテ仕草は前述したものよりやや難易度が高いと言えるでしょう。が、その分グッとくる度合いも高いです。
「ねじポケ」とは、たとえば寒い夜に2人で外を歩いている時などに、
相手の手を強引に自分のポケットにねじ込むというモテ仕草。もちろん無言で行う必要があります。
グッとくる度合いもかなり高いのですが、お互いにある程度の信頼関係を築いていないと
「いきなり何すんのよ!」と怒らせてしまう可能性もあります。
 
 
 
■モテ仕草その9:「ルック・イントゥ・ザ・フェイス」
 
こちらは女性が悩んでいたり、ため息をついていたりする時に活用すると、絶大な効果を発揮するモテ仕草です。
読んで字のごとく、うつむいている女性の顔を「どうしたの?」と覗き込むモテ仕草です。
何でも悩み聞くよ、ボクで良かったら話してごらんよ、というムードを顔に漂わせるのもポイント。
これをされると、ほぼ間違いなくグッときます。しかし問題が一点。
肌がキレイでないとダメだということです。顔と顔を近づけるのですから、荒れた肌では逆効果。
「なにかあったのかい?」と優しく聞いたところで、おでこが脂ぎっていては、
「いや、顔が近い。ほっといて」と言われかねません。
 
 
 
■モテ仕草その10:「手の甲にキス」
 
これぞ貴族・紳士の振る舞い。オトナの男のモテ仕草の極致と言っても過言ではないでしょう。
食事や飲み会の別れ際などに、「ではまたね。」と握手した手をそのまま持ちあげ、
甲にかるくキスをする。女性を淑女・お姫様として扱うことでグッとこさせる、超高等モテ仕草です。
ただモテ仕草その9と同じく、こちらもキレイな肌を持っていないと逆効果。
考えてみてください…手の甲にキスされるのと同時に、皮脂でテカテカのTゾーンが迫ってくるのです。
せっかくのモテ仕草が台無しです。この仕草を行う時は、肌の状態に十分に注意しましょう。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・
いかがでしたでしょうか。オトナの男の「モテ仕草」10選。機会があればぜひ試してみてください。
しかしその効果を最大限に発揮するためには、肌のケアも大切であることをお忘れなく…。

乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜