OMOTEOコラム

「じつは男性の方が肌がキレイ」理論は、本当なのか。

名称未設定

女性は日々、化粧品など何らかの化学物質を肌に塗布している。

だから何もしていない男性の方が実は肌が健康で、本来の美しさを保っているのだ。

 
…という もっともらしい理論を先日ある方から聞き、思わず納得しそうになってしまいました。
 このコラムを書いている私自身も、「○○さん、けっこう肌キレイですよね〜。いいなあ、何もしてないのに…」
というようなセリフを実際に女性に言われたことがあります。
 
しかしこの話、鵜呑みにして良いものか疑わしいです。
 
上記のセリフを、私はとあるバーで言われました。その店は照明がとても暗く、人の表情がおぼろげに分かる程度。
本当は肌の様子などよく見えてなかったはずです。
話題に困ってなんとなくで発言した可能性が大です。
私をイイ気分にさせ、高い酒を奢らせようと画策した可能性もあります。
 
それと冒頭の「男の方が肌がキレイ論」を展開していた方の肌が、
それほどキレイでもなかったという事も、この理論に疑わしさを感じた一因です。
 
今回のコラムでは、世間でまことしやかに囁かれる「じつは男性の方が肌がキレイ」理論、これに異を唱えます。
男性の方が肌本来の美しさを保っているなど、甘ったれた幻想です。
男の肌は、荒野なのです。
 
 
まずはこちらの写真をご覧ください。(30代半ば男性の額。ぱっと見は非常にキレイですが・・・)

IMG_0164

接近して頰の様子を見てみると ・・・

IMG_1542荒野です。
 
 
 
額だけに注目すれば美肌と言ってよいかもしれませんが、明るい場所で見てみると、実際はこのように荒れ気味でした。
長年のヒゲ剃りダメージや仕事のストレス、不摂生な食事や飲酒・喫煙などの生活習慣が肌に表出し始めてきた…という感じですね。
「これからも年齢と共にガンガン荒れてくんでヨロシク!」という勢いが写真から伝わってきます。
 
 「でも、ストレスや不摂生が肌に出るのは女性も一緒でしょ? だったらやっぱり男性の方が…」
 という意見もあると思います。しかし、
 
いったい女性がどれほどの手間をかけて肌をケアしているとお思いでしょうか。
ざっと挙げるだけでも、これくらいはあります。
 
■1・洗顔 (洗顔料にこだわるのはもちろん、洗い方・すすぎ方も非常に丁寧。)
■2・保湿 (保湿クリームや美容液などで肌をきっちりと保護。)
■3・マッサージ等 (健康的な肌を保つために、毎日しっかりやっているはず。)
■4・UVケア(シミや老け顔の一因になる紫外線対策にも、とても敏感。)
■5・パック(男性で毎晩パックしている人なんてほぼ居ないでしょう。)
 
一方、男性はと言うと・・・
 
■1・洗う(泡立てば何でも良い。)
■2・拭く(以上。)
 
だけで完結している方もけっこう居ます。
世の男性の多くもせいぜい、洗う・拭くにプラスして、保湿のために何かクリームをつける程度だと思われます。
これでもまだ、「実は男性の方が肌がキレイだ」などと言えるでしょうか?
いったい化粧品やファンデーションの影響が何だというのでしょう。
そんなことを補って余りあるくらいの手間をかけて、世の女性たちは肌をケアしているのです。
 
大切なことなのでもう一度記しますが、30代を過ぎると男の肌は荒野になるのです。
薄暗いバーで女性に「肌キレイですね〜」などと言われたとしてもけして調子に乗らず
自分の肌を冷静に見つめ直し、しっかりケアすることをオススメします。

乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜乾燥と紫外線対策をオールインワンに、プレミアム シンプルケアエッセンスUV 初回2,100円 税抜